EMOTIONS Dancer

感情、感激、感動

1996年、初めての舞台に向けてチームをまとめる名前を考えていた時に、心に湧いた言葉が「EMOTIONS」でした。

心と体の一体感、表現する喜び、解放、分かち合う喜び、生きていることを実感すること、共存、共に生き、共に栄えること。

興味、好奇心、向上心をもち学び続けること。

踊りを通して芸術、歴史をまなび発見し他国の文化への尊敬の心を持つこと。

表現者として輝く為に自己と向き合い鍛練し、踊る楽しさを持ち続けアーチストとして個性を探求して、

可能性を広げ魅せる踊りを目指しダンスへの情熱の志を持つダンサーズです。

EMOTIONS主宰千代 麻理

emo_p_001

EMOTIONS動画が完成いたしました!

ショーに向けての練習風景や、エモーションズ本科の群舞作品などの練習風景など。
是非、ご覧になってください。
EMOTIONS動画はこちら